この記事をシェアする

好きなものに囲まれた暮らしを楽しむ

インテリア雑貨の定義とは

インテリア雑貨というものについて調べてみると「インテリア」は室内装飾のことを指しています。
そして「雑貨」は「日用品」のように生活する上で無いと困るものではありませんが、それがあることによって毎日の暮らしがもっと楽しく豊かになるようなものを指していることが分かるので、インテリア雑貨を簡単に表現するなら「部屋の中に彩りを添えるための装飾品」ということができるでしょう。

同じような意味を持つ言葉として「インテリア家具」というものもあります。
もともと「家具」には家の中で使用する大型の道具類という意味があり、その中でも特にデザイン性の高いものを「インテリア家具」と呼んでいるようです。
この場合の雑貨と家具との境界線はあまりはっきりしたものではないようです。

暮らしを彩るインテリア雑貨といえば

インテリア雑貨という括りは曖昧なものであるということがお分かりいただけたかと思います。

では一般的にどのようなものがインテリア雑貨と称されているのかということをちょっと見ていきましょう。
部屋の壁面を飾るためのポスターやオーナメント、散らかりがちな雑誌などを見せながら収納するためのおしゃれなマガジンラック、外出前の身だしなみチェックには欠かせないミラー、癒しの空間を演出するためのフラワーベースや観葉植物などがそのジャンルには含まれているようです。
他にもアロマキャンドルやオブジェなど、数え上げればきりがないほどたくさんのものたちが候補に挙がってくるのです。

最近はリーズナブルな価格でおしゃれなインテリア雑貨を手に入れることができると話題になっていますので、自分好みのインテリア雑貨を見つけて楽しんでみてはいかがでしょうか?